ノガターゼ

中野でもあり中野でもない高円寺でもあり高円寺でもないはるかにビミョウな野方 ここでの暮らしで気づいたことなどなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

深夜12時の犬散歩/ひっぱりだこ(高円寺)

現在、夜12時です。

腹減ったので、夜食を食いがてら相方と一緒にラブ(愛犬)の散歩に行ってきました。

早稲田通りから庚申通りに入り、まずはタコ焼きです!

ひっぱりだこ①


ひっぱりだこ
166-0002東京都杉並区高円寺北2丁目41-13
電話 03-5373-1223
営業時間 正午12:00~翌2:00
定休日 年中無休
http://www.hipparidako.net/tenpo/tenpo_to.cgi?up_c1=148

外見がすごいですね。目立ちます。

タコ焼きもそうですが、ここは店長のほうが名物なんじゃないでしょうか。

友達にこのタコ焼き店を話すと、ああ、あの店長さんの、とよく言われます。

いつも対応がすっごく良いんですよね。

買わないで通り過ぎようとしても目が合えば、すっごく元気な声で挨拶してくれるし。

深夜遅くまで営業しているのも、ナイスですよね。

たこ焼きです♪
う、暗い(;・∀・)

ひっぱりだこ②


10個入り300円です。

15個入りで450円、20個入りで600円だったかな。

ソースやポン酢、あんかけ、しょうゆなどタレを選べます。

昔ながらのタコ焼きという感じです。

築地銀だこみたいに揚げてなく、ふんわりと焼いてます。

中かしっとりしているんですが、これがダシがきいてて、ほのかに甘いんですよ。

まさに昔ながらのタコ焼きです。オラも相方もこれが好きなんですよ。

具のタコがすっげく小さいんですが、それがまた逆にいいのかもしれませんね。

食べながら庚申通りを高円寺駅に向かってゆっくり散歩しました。


夜遅くの高円寺も人がいっぱいですね。

中央線で帰ってくる人もいれば、飲んだり、ブラブラしている方々だらけです。

オラたちと同じように犬の散歩している方もいました。

強烈でした。この方です。

高円寺の犬①


す、すげぇ、ロックな犬ですね。

どうやって染めるんでしょうか。オラも自分の犬にやってみたいです。

高円寺の犬②







テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2008/04/09(水) 10:36:41|
  2. テイクアウト類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼き貝あぶさん(高円寺)

来週からの出張に備えて、せっせと残業でひた。

相方も同じようなもんで、結局、2人とも夜11時頃に帰宅。

こんな時間にやっている店なんてあるかねぇ~と試しに高円寺をブラブラしてると、なんでか、多くの店が開いていました。高円寺って、すごいですね。

そんな中、珍しい店を見つけました。貝の専門料理店です。

焼き貝あぶさん
東京都杉並区高円寺北3-38-15
03-3330-6855
11:30~15:00
17:30~翌2:30(L.O.)
無休
http://r.gnavi.co.jp/b918503/

朝4時までやっているって、そりゃ、おかしいでしょう!w

これでもか!というぐらい、メニュー全部、貝だらけでした。

ウケまひた!

庚申通りの新宿とんかつ「さぼてん」隣の路地を入ったところにあります。

初めは店構えからして、日本料理店っぽく、敷居がたかいかなぁと思ったんすが。


あぶさん①



この店、まさに高円寺というワールドですね。

客層も若い方が多いし、スタッフとのやり取りも高円寺っぽい。
(高円寺っぽいっていう言い方は変かもしれないけれど、それしか思い浮かばないです)

焼酎はともかく、日本酒はけっこう種類を揃えていました。


あぶさん②



利き酒会もあるらしいです。

蔵から酒造りに関わっている人を呼んで、利き酒も兼ねた食事会をやっているそうです。

そういう企画が流行っているらしく、多くの店でやっていますよ~とスタッフに教えてもらいました。

ここは八海山の蔵とのパイプを持っているみたいですね。八海山の酒が多くがあったし。

仕込み水なんてのも、サービスで頂いちゃいました。酒のみに美味しい冷水は嬉しかったです。


平貝のサラダです。

あぶさん③


実物も見せてくれましたが、平貝ってすっげく大きいんですねぇ。

これを薄くさばいて、みょうがなどのサラダと一緒に混ぜ混ぜしたものです。

貝がコリコリして美味でした。こんな味なんですねぇ。


貝のすき焼きです。

あぶさん⑤



名前を忘れちゃったけれど、なんかの貝の肝で割り下を作っているんですよ。

この割り下がすっげく濃ゆくってまいう~でひた。

牛肉は入ってなく、代わりに、貝や野菜がたくさん入っていた。

貝ってこういう味付けも合うんすねぇ。

ああ、締めにご飯かうどんを入れて生卵をかけたかった・・・。



はまぐりの天ぷらでし。じゅーしぃ~でした♪

あぶさん④


なんとか貝の卵焼きです!

あぶさん⑦



なんか貝の種類が多すぎて、どれがどれだか忘れちまいます(^^ゞ

これも貝のダシがめっちゃ効いてました。


ケースにいろんな貝があって、見たことも聞いたこともないような貝だらけです。

店のスタッフ(というか料理人)が親切にいろんな貝を教えてくれました。

こんなの食べれんの?という貝から試してみることにしてみました。

まて貝の焼き物です。

あぶさん⑥


砂浜にいる細長いやつですね。

開けてみると、こんな感じなんですねぇ。

コリコリしていて食べ応えがあってジューシーでしたわ。

こりゃ、ウマイですわ!日本酒にめちゃ合います!


〆に、貝とキャベツのパスタと、肝みそおにぎり茶漬けをいただいちゃいました。

あぶさん⑧


あぶさん⑨


こういうパスタもサイコーですね。

茶漬けも貝の汁なのかな?ダシがサイコーでした。

まさに貝づくしでした。思わぬ種類の貝を食べられて、面白かったです。

貝も奥深いんですねぇ。


入ったときは夜中12時頃。その時、店内に客はオラたちともう1組だけでした。

カウンター席のみなので、さびしいな~と思っていたら、1時過ぎてから急に客が次々に来て満席に。

外や2階で待っている客もおりました。

客はみんな若い。というか、濃い。

この時間帯・・・夜中は特に濃そうですね。

隣に座ったカップルは高円寺のレストランで働いているらしく、店があがってから来たみたいでした。

その隣のグループも、高円寺で暮らしている同じ会社のスタッフたちらしく、一度、仕事が終わって家に帰ってからまた集合して飲んでいるみたいでした。

服装とか雰囲気とかが、なんか、あ~高円寺だな~って感じの濃ゆい雰囲気を漂わせるやつらどもばっかでした。

なんか高円寺の濃ゆい空間でひた。









テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2008/04/07(月) 10:09:27|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天すけ(高円寺)玉天+海苔バージョン

こないだ相方が友達と天すけでランチを食べたそうなんですよ。

オラを差し置いてズルェ!ということで、行ってきました。

天すけ
高円寺北3-22-7
プラザ高円寺1F
火~土 12:00-14:00、18:00-22:00
日   18:00-22:00
定休日:月曜
Tel : 03-3223-8505
http://good.kakiko.com/tensuke/


初めはランチなんだし、玉子ランチでいいかな~と思ってたんですが。

蛤の姿揚げ(正式な名前は忘れてもうた)とか、山菜のいいのが入ってますよと大将に言われて・・・

真昼間からビール3本空けながら、アラカルトでオーダーしまくってしまいました。

いろいろごちそうになったんですが、その中でも、こちら。

こごみ です。


天すけ③



もしかしたら初めて食べたのかもしれません。

先っぽのところが柔らかくて香りがふわっとキマした。

山菜はあまり美味しくないイメージなんですが、天ぷらだと、なんでこうも美味しくなるんでしょうかねぇ。


たらの芽です。


天すけ④



これが、もう、甘くてほろ苦くて。

まさに絶妙でした!


蛤の姿揚げ(正式な名前は忘れてもうた)です。


天すけ⑤



この写真だとちょっとわかりにくいですが(汗

貝に蛤の身と薄切りの椎茸を詰めて揚げたものです。

蛤と椎茸って合うんですねぇ。

蛤と椎茸の香ばしさが一体となって言うことなしです!


なんか、春らしいものをいろいろ味わえました。春っていいですねぇ。


シメはやはり玉天でしょう。


天すけ⑥



この黒いのは、海苔を揚げたものなんですよ。

これが、グッジョブでした!

香ばしく揚がった海苔に玉天の黄身と甘辛いタレがまざりあって、これをご飯と一緒にかきこむと、ああ♪

イカのかき揚げとのコンビも良かったですが、この海苔とのコンビも、どうして、なかなかですよ!

シンプルでいながらにして、ハマると思います。

オラは2個の玉天を乗せてもらいましたが、相方は3個も乗せてもらいました。

大将が3個も?とびっくりしながらも、ちゃんと3個揚げて乗せてくれました(;・∀・)

2個はまだしも、3個はさすがに珍しいようです。

これは黄身が固まらないうちに素早く食べるのが鉄則なんですが、相方はご飯を食べるのが異常に早いので3個とも堪能できたようです。

すっげく濃くてウメかった~と大満足だったようです。


ちょうど客の波が途切れたこともあって、大将ともいろいろ話せました。

大将は大昔に新宿つな八で修行したことがあるんですってね。

それが独立して店を構えたんですね。

これだけ盛況してるし、やはりそれだけの腕があったんでしょうねぇ。

昔、耳が不自由な方たちが客に来ていたことがあったそうです。

手話サークルの方々と一緒によく来ていたとか。

その時に簡単な手話をちょっと教えてもらって覚えたそうなんです。

今でも少し簡単なのなら使えるとのことでした。すごいですねぇ。

いろんな人にも気軽に来てもらいたいしさ、とのこと。

大将の男気にゃますます惚れました!









テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2008/04/03(木) 14:13:54|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明洞のり巻き(高円寺)

とうとう高円寺に明洞のり巻きがキマシタ!

うちは韓国式の海苔巻きが好きで、大久保の本店のほうも、オープン時から足繁く通ってました。

先週に3号店を高円寺にオープンしたとのことで、相方と一緒に乗り込みました。

明洞のり巻き(高円寺店)
03-3316-8866
11:00~5:00
高円寺パル商店街の半ばのゲームセンターを過ぎたところにあります。


メニューの一部
明洞のり巻 500円
野菜のり巻 750円
ヌードのり巻 800円
黒米のり巻 900円
のり巻盛り合わせ 1000円
トッポッキ 800円
海鮮チヂミ 1000円
明洞ラーメン 500円
海鮮ラーメン 800円
水冷麺 1000円
ビビン冷麺 1200円
明洞特製ビビンバ 1000円
石焼ビビンバ 1200円
プルコギ石焼ビビンバ 1400円
キムチチゲ 1000円
味噌チゲ 1000円
キムチチャーハン 1000円
プルコギ丼 1000円
つぶ貝の和え物 1500円


メニューや価格など内容的には大久保と同じですね。

ただ、店内のインテリア的には、テイクアウト専門なのかどうか一瞬悩む雰囲気でした。

なんか、こういう店内って外国でよく見ますね。デザイナーも外国の方だったんでしょうか。


明洞のり巻き①



スタッフも全員が韓国人らしく、韓国語が飛び交ってました。

客もほとんどが韓国人らしかったです。なんか、韓国に来たみたいです。

対応はもちろん日本語でやってくれるんですが、オラ的には、スタッフの拙い日本語がなんか微笑ましくて可愛かったです。



大久保のほうでいつも注文していたのを中心に頼んでみました。

海苔巻き盛り合わせです。

明洞のり巻、黒米のり巻、ヌードのり巻の3種。各4個ずつと、端っこの切り落としそれぞれ1個ずつ、たくあんが乗っています。

やはり、大久保のスタイルと同じですね。


明洞のり巻き②



確か、韓国語ではキムパプと呼ぶんでしたっけ。

うん、大久保と同じ味です。胡麻油と塩で味付けして、ニンジンやホウレンソウのナムル、たくあん、カニカマボコなどの具が入ってます。

この海苔巻きが好きなんですよね。

胡麻油がグっジョブで、ハマってしまうのです。

まぁ、この3種類とも具が同じなのが、難点といえば難点なのですが。

うめかったです。あっというまに平らげました。


続いては明洞ラーメンです。

とどのつまりは、辛ラーメンですね。

韓国に生ラーメンや生麺のラーメンという概念はなく、ラーメンといえば全てインスタントラーメンだというのは有名ですね。

店で出すのも全てインスタントラーメンだというのだから、初めは抵抗があったもんでした。

だってさ、原価とお値段のバランスが・・・ねぇ(汗

おでんの具かな?なんかの魚肉はんぺんが乗っかかってました。

卵も入ってました。

これで500円です。インスタントラーメンの価格としてはギリギリか・・・?


明洞のり巻き③



相方は海鮮ラーメンでした。

・・・ちっちゃい冷凍のシーフードがちょっと入ってました。

これで800円。

もうここまでくると笑っちゃうぐらいです。

まぁ、それはそれとして、スープにはちょっと工夫しているらしく、おいしく頂けました。

前はこれにハマってたもんです。

チヂミです。


明洞のり巻き④



ああ、うん、やはり大久保のと同じです。

可もなく不可もなく。

韓国でのファミレスやチェーン店で出されるチヂミというと、こんなんじゃないでしょうか。

写真からしても、あ~よくみる典型的なチヂミだな~とわかると思います。


やっぱ、ここでは明洞海苔巻き500円オンリーですね。

テイクアウトで買って、花見に持って行くと喜ばれるかも。

オラ的には、北口のMANMA高円寺の肉巻きおにぎりに続いて、テイクアウトできる美味しいもんができたという意味で嬉しいです。

嬉しいんですが・・・やはり、どうしても、価格が気になります。

メニューを見るとわかりますが、価格設定が高いんですよね。

トッポッキが800円。

インスタントラーメンが500円。

シーフードをちょっと入れただけインスタントラーメンが800円。

高円寺の若いもんだったら、駅前の東京屋で食材を買って済ませちゃうと思います。

この店は大久保に2店構えているのですが、大久保以外のところでは初めてのようです。

ひょっとして、高円寺、それも南口がどういったところか、十分なリサーチをしてないんじゃないでしょうか。

高円寺価格があることも知らないんじゃないでしょうか。

これが続くかどうか、不安ですねぇ。。。がんばってほしいです。



それと、オラ的に残念だったことが2つ。

この店の下にライブ会場でもあるんでしょうか?

夜10時頃に行って入口近くの席に座ったんですが、下からすごい響きがします。

音とかじゃなくて、振動がすごいです。

テーブルによって、振動が違うので、着席する時は注意したほうがいいです。



それともう1つは、大久保のルールがここでも使われていたこと。

こんな↓ふうに、キムチやナムルなどがサービスでつくんですよね。

明洞のり巻き⑤


今回はカクテキでした。相方と2人で1皿くれました。

韓国だったら、こういう小皿の総菜がサービスで何皿もつくのです。

オラも初めはサービスしてもらった♪と、喜んでいたのですが♪

周りをよくよく見ると、客によって違うことがわかります。

つまり、韓国人の客には小皿を3~4皿は出すのに、日本人の客には1皿しか出さないんですよね。

これは大久保でも有名なルールなのですが。

それがここ高円寺でも適用されていたことが残念です。



う~ん。。。やはりこの店は続くかどうか危ないかな?(汗











テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2008/04/01(火) 09:50:27|
  2. 韓国料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

オモニの韓国料理 陽 (高円寺)

韓国料理が食べたい気分なって、陽(ヤン)に行ってきました。


陽(ヤン)
夕方6時11時
水曜定休
住所: 杉並区高円寺南3-23-19
電話番号: 03-3314-9268


陽①



前から気になっていたんですよね。

あの牛乳ラーメンの店の向いにあります。


陽②



ぱっと見ると、アヤシイ店ですが、店内もそのとおりです。

もともとはスナックだったんでしょうか。そんな感じです。

テーブル席が3席ぐらい。3グループぐらいですぐに埋まりそうです。

おばちゃん・・・ではなく、オモニが1人で切り盛りしています。

気さくな方で、いろいろとオシャベリしてしまいました。

オモニの人柄を慕ってるのか、はるばる遠方からわざわざ来ている客もいました。


まずはお通しに塩ウニをいただきました。


陽④



ウニを塩だけで漬け込んだものらしいです。

珍味です。酒にくーっとキます!


定番のキムチとナムル!


陽③



キムチにびっくりしました。なんだか、今まで食べたキムチとは違います。

普通のキムチはあっさりしていると思います。キムチの漬け汁もさらさらしていると思います。

こちらのキムチの漬け汁は濃いです。ドロっとしています。

おばちゃん、ではなく、オモニに聞いてみると、昔ながらの作り方で作ったそうです。

キムチを漬けこむときに作る、キムチの漬け汁(ヤンニョム)を煮込むのだそうです。

煮込んでから、キムチを漬けるのだと。

こんなにも違うんですねぇ。オドロキもんです。


陽⑤



ナムルもまいうーでした。

特に、この小松菜のナムルが激まいう~でした。

かくし味に味噌でも使っているのかな?なんか味が奥深くてウメかったです。


トウフチゲです!


陽⑥



ぱっとみ、辛そうですが、いろんな旨みがあってそんなに辛くはないです。

豆腐だけじゃなく、ナムルや野菜、豚肉などで具どっさりでした。


陽⑦


こういう具どっさりは嬉しいですね~

なんだか、相方が作るチゲの味に似ていました。

相方はアサリと昆布からダシを取って、梨をすりおろしたのを入れるなど丁寧に作っているのですが、それと味が似ていました。

オモニに聞くと、オモニのほうではリンゴをすりおろしたのを入れてるらしいです。それもいいんですね~今度試してみます!

何より嬉しかったのは、バターが入ってなかったこと!

なんか、最近の流行りなのか、チゲにバターを入れるところが増えたじゃないですか。

あれ、オイラは邪道だと思うのです。

というか、手抜きだと思うのです。

あれは奥深さとまろやかさを出すためにバターを入れているのですが、ちゃんとダシをとって、このぐらい具があれば、そんなの要らないと思うのです。

ちゃんとダシをとってなく、具もないから、ただ辛いだけになってしまうので、それをゴマカすためにバターを入れているのだと思うのです。

やはり、オモニはバターなんか入れません!これが王道です!

はう!熱くなってしまったとです。。。



チヂミです。具もどっさり、でっかいです。


陽⑧



ホンマに野菜もりもり食べている感じですねぇ。

中がしっとりしていて、ニラなどの野菜の甘味が合わさってギザうめかったです。

今日は2人だけだったので、これしか食べられませんでした。

次はグループできて、あれこれいろいろ食べたいですね。

まさにオモニの店という感じでした。

ごちそうさまでした~









テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2008/03/25(火) 11:21:12|
  2. 韓国料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。